1.天地開闢(造化三神)

造化三神

1.天地開闢(造化三神) てんちかいびゃく(ぞうかさんしん)

137億年くらい前の話。
世界の始めは、まだ混沌とただようドロドロとした世界でした。

そこにまず、アメノミナカヌシが登場します。

続いて、タカミムスヒ・カミムスヒの二神が誕生します。宇宙の始まりです。
ムスヒというのは産霊と書き、全く違うものを結びつけて、新しいものを産むという意味です。

この神様は中性ですが、タカミムスヒが陽(男性)で、カミムスヒが陰(女性)のエネルギーとカテゴライズできます。

アメノミナカヌシ、タカミムスヒ、カミムスヒの3神を、世界を生成している神として造化三神(ぞうかさんしん)といいます。

3人とも独り神(ひとりがみ)です。
エネルギーそのもので、抽象的です。

タカミムスヒは、高木神とも呼ばれ、今後の神話で陰謀めいたときに必ず出ててきます。

アメノミナカヌシが祀られているのは、埼玉県の秩父神社、千葉県の千葉神社。
東京大神宮は、三神を祀っています。
長野県松本の四柱神社(よはしらじんじゃ)では、この三神+アマテラスを祀っています。
島根県の出雲大社は、この三神+スサノオ、オオクニヌシを祀っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る