17.八十神とカミムスヒ

オオクニヌシ

17.八十神とカミムスヒ

オオナムチは八十神(たくさんのお兄さん神)に、当然嫉妬されます。
そのため、二度も殺されます。

1度目、真っ赤に焼けた岩に潰されたとき、母神サシクニノワカヒメはカミムスヒに相談します。
このカミムスヒは造化三神として登場した神様です。
そして、赤貝の神様とはまぐりの神様という二柱の女神を遣いとして派遣し、オオナムチを助けます。

2度目は大木に挟まれます。そこで今度はキの国(和歌山県)のオオヤビコに助けてもらいます。
ところがそこも攻められたので、スサノオのいる根の国に逃がれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る